Shortcut to the text

With information on Gwangju available throughout the world,
Gwangju’s interaction with many countries will be of greater value.

医療産業

医療産業の育成方向
最終ビジョン 2030年、グローバルMedi-Cityとして飛躍 目標 光州広域市における医療産業規模の拡大と競争力強化 - 2030年、光州地域内における医療産業の売上高2兆3千億ウォン達成 - 第4次産業革命に対応できる医療新技術の確保と医療産業をリードする企業の育成 発展戦略 医療産業への地域対応体系の整備 - 医療機器分野における競争力の強化 - バイオ化粧品分野 - 成長医療サービス分野の新規育成 新技術・融合技術の確保 - 第4次産業革命に対応する新技術の確保 - 専門人材の養成 - ビッグデータの確保 医療産業育成ネットワークの拡張 - 医療産業関連企業、病院、支援機関および地方自治体間ネットワークの拡張
医療産業の定義

医療産業(health care industry, or medical industry)とは、患者の病気を治療、予防、リハビリ、緩和するための商品とサービスを提供する経済体制の分野を全て含み、国内の医療産業は通常、医療機器、医薬品、医療サービス産業に細部分類して定義される

光州市における医療産業の発展現況
光州市における医療産業の発展現況
区分 2002 2007 2011 2014 2015 2016 2017 Remarks
企業数(社) 2 49 109 230 277 310 367
売上高(億ウォン) 2 1,147 2,380 2,919 3,471 3,891 4,466
雇用者数(人) 22 585 1,258 2,026 2,228 2,477 2,735
光州市における医療産業の推進現況
光州市における医療産業の推進現況
事業名 事業期間 事業費 事業内容
歯科用素材部品 技術支援センターの構築 ’14.9~’18.2(3年) 250億ウォン -センター建設(地下1∼地上3階)
-試験生産設備の構築
-技術開発及び技術産業化
整形外科用 融合医療機器産業 支援センターの構築 ’17~’21  (5年) 254.1億ウォン -センターの建設(地上2階)
-試作品製作などのための設備構築
-技術開発及び産業化など
歯科生体吸収性素材部品 中小パートナー支援 ’18~’22 (5年) 170億ウォン -前臨床TEST-BED
-企業支援、技術事業化支援
(地域主力産業育成事業) デジタル生体医療産業の育成 ’13~’20 (8年) 1,647億ウォン -R&D
-非R&D
未来型生体部品 素材産業の育成 ’17~’21 (5年) 32.6億ウォン -海外進出企業支援
-企業誘致と創業支援
歯科用精密設備・部品地域革新センター ’06.3~’16.2(10年) 189億ウォン -設備構築と研究開発
-設備の共同活用と試作品製作
コンタクトレンズ産業 高度化育成事業 ’16.4~’19.3 26.2億ウォン -技術開発(レンズ設計、デザインなど)
-国内外認証、試作品パッケージなど
光融合医療機器産業の育成 ’17.4~’19.12 17.6億ウォン -技術開発、認証マーケティング支援など
歯科技工産業
製造技術の確保
’17.4~’19.12 17.6億ウォン -歯科技工所の集積化、デジタル製品の 技術開発など
デジタルデンタルヘルスケア製品の開発と産業化 ’18.4~’20.12 12.1億ウォン -技術開発(新製品開発、デジタル融複合製品の開発)
-認証パッケージ支援、事業化支援など
組織再生模写基盤技術開発事業 ’16.7~’21.3 (5年) 15.5億ウォン -慢性肩腱板断裂治療の研究開発と事業化
臨床医科学者研究力強化事業 ’17.4~’20.12(4年) 40億ウォン -難治性慢性疾患克服のための診断・治療実用化プラットフォームの構築
マイクロ医療ロボットセンターの構築 ’13~’19 (6年) 317億ウォン -基盤構築、インフラ活用、製品化R&D
国内外歯科機資材展示会支援 毎年 -2019年 45百万ウォン -展示会への参加とマーケティング支援
歯科医療機器試験検査センターの構築 ’17~’19 30億ウォン -センターの建設(増築)
-GLP施設、設備構築など
シニア&医療産業博覧会の開催 毎年 -2019年 2.64億ウォン -シニア用品機器、ヘルスケア用品などの展示
-海外輸出商談会・購買説明会など
長寿時代慢性痛治療用 健康用品の育成 ’15~’18 (3年) 23.78億ウォン -生薬由来の慢性痛治療用健康用品の開発
-健康用品の商用化と関連製品の産業化
高齢親和産業支援センターの運営支援 毎年 -2019年 8.20億ウォン -高齢者にやさしい優れた製品の展示と体験運営
-高齢者にやさしい技術の開発と企業支援など
MRIを基盤とした認知症・特異脳損傷の究明と脳画像の構築 ’14.7~’19.6(5年) 75.7億ウォン -年齢層別(60代∼80代) の認知症予測
脳画像の構築と早期診断
認知症患者
管理技術の開発
’16.6~’21.2(5年) 57億ウォン -多重生体情報を基盤とした認知症重症度モニタリング技術の開発