Shortcut to the text

With information on Gwangju available throughout the world,
Gwangju’s interaction with many countries will be of greater value.

光産業

育成の概要

2000年から光産業を地域戦略産業振興の次元で育成、先端科学産業団地を中心に産・学・研機能が集積した国際的な光産業クラスターを形成

  • 地域戦略産業の段階別育成支援(’00~’12、8,447億ウォン)
  • 第1段階(’00~’03、4,020億ウォン):インフラ中心の集積化団地の造成
    • 韓国光技術院の設立、光通信部品試験システムの構築、研究開発設備の構築など
  • 第2段階(’04~’08、3,863億ウォン):特化分野(光通信、LED)の商業化支援
    • 半導体光源試験生産支援、光通信部品の試作品生産支援、光部品試験・認証基盤、人材養成、海外マーケティングなど18事業
  • 第3段階(’09~’12、564億ウォン):次世代光基盤融合産業の育成
    • 次世代光基盤インフラの構築、技術開発、グローバルマーケティング、人材養成など5事業
  • 湖南(韓国南西部)広域経済圏先導産業の育成支援(’09~’15、1,244億ウォン)
  • 第1段階(’09.6~’12.4、494億ウォン):環境にやさしい光技術基盤融合部品・素材産業の先導とグローバル化
    • 24課題、75企業・機関の参加、第1段階プロジェクトを評価した結果、全国で最優秀レベルの成果
  • 第2段階(’12.5~’15.4、750億ウォンを支援中):代表的な主力産業として光融複合産業(光部品とシステム、新光源照明)、未来成長産業として太陽光(素材)分野を選定、さまざまな光融複合技術開発に着手
    • 初年度(’12.6~’13.4):光融複合(光部品およびシステム、新光源照明)に166億ウォン、太陽光に83億ウォンを投入、光融複合分野で30課題、太陽光分野で7課題を推進
支援成果
光産業は自動車・家電産業に続き光州地域における3大主力産業として確固たる地位を確立

(単位 : 億ウォン、人、社、%)

支援成果
区分 1999
(育成以前)
2003
(第1段階完了)
2008
(第2段階完了)
2012
(第3段階完了)
2013 2014 2015 2016 2017 2018
売上高 (億ウォン) 1,136 3,234 13,079 25,904 27,105 23,626 22,507 21,471 22,705 23,005
雇用者数 (人) 1,896 2,834 6,018 8,242 8,445 6,799 6,925 7,133 7,513 7,584
企業数 (社) 47 190 327 360 360 306 288 273 276 280
研究・支援インフラの構築と企業支援サービスの強化などにより、国際的光産業クラスターとして地位向上
Technologyインフラ
  • 韓国光技術院をはじめとする高度光技術研究所、電子部品研究院、生産技術研究院湖南本部、ETRI湖南センター、韓国光産業振興会など国の光産業発展推進体を集積化
Humanインフラ
  • 韓国光技術院など光専門研究機関の専門研究人材(580人以上)が常駐
  • 技能系人材輩出のための大学院~工業高校での人材養成システム構築と専攻学科運営人材の輩出
Landインフラ : 光産業集積化団地(26万㎡)とLEDバレー(31万㎡)を造成し300社余りを集積化
地域産業育成事業において成功事例として評価
  • 2004年5月、監査院による監査の結果、4大地域産業振興事業(光州・光、大邱・繊維、釜山・靴、慶南・機械)において成功事例として発表
  • 2006年2月、産業政策研究院と朝鮮日報が主管した2005年地域産業政策評価で大賞受賞
  • 2011年8月、企画財政部が「地域革新クラスターの成功要因と示唆点」という報告書を通じ、光州の光産業クラスターを地方が発展の主導権を握って推進した代表的な成功事例として評価
  • 2011年9月、「地域発展週間イベント」において光産業クラスター育成施策の成功が評価され、大賞である大統領賞を受賞
  • 012年11月、地域産業経済の発展効果を分析した結果、地方で主導的に育成計画を策定、他地域と差別化された産業を選定し立地競争を避けて政策力を集中した点で『優秀』評価を受ける
重点推進政策
光基盤融複合産業と光基盤新成長エンジン産業の育成
  • 湖南圏広域経済圏をリードする産業を通じ、光応用センサーと通信システム、光融合部品と機器、一般/産業用照明、融・複合照明、素材中心太陽光産業など光基盤融複合産業の技術開発
  • 新成長エンジン産業として光分野3D融合産業を育成することにより、製品の商用化、企業支援サービスの強化を推進
光通信、LEDなど主力分野の高度化
  • LED融合産業ハブ構築事業、LED照明実証団地の造成・運営、LED光素子グランド・コンソーシアム、LEDシステム照明の技術開発、地域産業を基盤としたIT融合技術生産支援の基盤構築などを推進
次世代有望分野(超精密光学、レーザー、OLEDなど)の発掘・育成
  • 赤外線光学レンズの技術開発と産業化支援、夜間透視カメラ用赤外線光学レンズ・カルコゲン化物ガラスの開発、産業用レーザーのコア部品・モジュール技術支援の基盤構築、OLED照明の育成事業などを推進
企業支援の高度化
  • 光産業の技術力向上事業、現場に合わせた専門人材の養成、国内外における試験・認証の強化と支援、光融複合技術の事業化支援、国際光産業展示会の開催、LED照明の実証と標準化活動の拡大、光産業共同ブランド競争力強化事業などを推進