Shortcut to the text

With information on Gwangju available throughout the world,
Gwangju’s interaction with many countries will be of greater value.

エネルギーバレーの造成

光州エネルギーバレー造成の推進
光州エネルギーバレーのコンセプト
  • ピッカラムエネルギーバレーの一部で、事業推進主体と相互作用する光州広域市全域
事業概要
  • 事業期間 : 2015~2020  
  • 事業費 : 1兆82億ウォン(国費2,163億、市費1,580億、民間資本6,339億) 
  • ビジョン : 次世代エネルギー産業ハブ都市の建設
ビジョンと推進戦略
光州エネルギーバレーの造成, 企業誘致250社, 売上2兆ウォン, 雇用5,000人, 世界一級技術20, 2020年, インフラ構築 (新産業団地造成、研究機関誘致), 企業誘致
(企業支援), 電力エネルギー技術開発, 人材養成, 特化事業
ピッカラムエネルギーバレー造成事業
エネルギーバレーとは? 光州全南圏 戦略産業ベルトと連係して ピッカラム革新都市 産学研クラスターを中心に ピッカラム革新都市 Naju 文化尖端産業ベルト 再生可能エネルギーベルト IT融合ベルト 農食品・バイオ産業ベルト 地域社会と共に発展するスマートエネルギーハブ、羅州市
ピッカラムエネルギーバレー造成事業は、『韓国電力の光州・全南共同革新都市への移転を機に地域社会との共生発展を図るために推進中の事業』
  • 事業期間:2015~2020
  • 事業位置:光州・全南一帯、ピッカラム革新都市  
  • 事業推進:光州、全南(羅州)、韓国電力、電力取引所、韓電KPS、韓電KDN
目標
  • 毎年R&Dに100億ウォン以上を投資 
  • 2020年までに500企業を誘致、1,000人の専門人材を養成
主な推進事項
電力エネルギー技術開発協力事業
韓国電力の移転と連係した初の共同協力事業
  • 事業名 : 成長拠点連係地域産業育成事業
  • 期間/位置:’14.8~’17.7(3年)/光州・全南一帯
  • 主管/参加:地方自治体(光州・全羅南道)、韓国電力、地域革新機関・企業
  • 総事業費:87億ウォン(国費35億、市・道費9億、韓国電力27億、民間資本16億)
  • 事業内容:島嶼地域ハイブリッド型MG、MG型ESS開発、ネットワーキング
エネルギーIot(モノのインターネット)産業生態系造成事
  • 期間/場所:’15.9~’17.8(2年)/光州市一帯  
  • 事業参加:湖南大学、光州TP、韓電KPS、エネルギーと共助、電子部品研究院など
  • 総事業費:32億ウォン(国費20億、市費4億、韓電KPS4億、民間資本4億)
  • 事業内容:長・短周期ハイブリッド型ESSの実証と産業化
HVDC技術開発の実証と産業化事業
  • * HVDC(超高圧直流送電):電磁波×、送電塔の大きさ↓、地中化○、建設費↑
  • 期間/場所:’16~’19(4年)/光州・全羅南道・済州島一帯
  • 事業施行:直流送配電事業団(産業省) * 団長:韓国電気研究院 ユ・ドンウク本部長  
  • 総事業費 : 1,300億ウォン 
  • 事業内容 : 電圧型HVDC技術開発とシステムの実証・認証  
ワークショップ、説明会などの開催

(エネルギーバレー連係地域発展討論会)
- 15.3.12、金大中コンベンションセンター、150人 (エネルギーバレー関連主要機関事業説明会)
- 15.3.31、金大中コンベンションセンター、300人 (エネルギーバレー連係技術交流ワークショップ)
- 15.4.28~29、曽島、45人(エネルギーバレー中小企業支援制度説明会)
- 15.7.21、商工会議所、250人(技術・事業交流ワークショップ)
- 15.10.27~10.28、曽島、100人

  • 対象:光州・全南地域内でエネルギーおよび専門的事業を行う中小、中堅、大企業の役職員
  • 説明内容:エネルギーバレーの概要、事業内容、企業支援制度など
人材養成事業
現場適応型人材養成事業
  • 課程名 : エネルギーバレー電力新技術専門人材養成課程  
  • 教育期間/場所:’15.9.15~12.24(16週間) /金大中コンベンションセンター 
  • 主管/後援:(主管)韓国電力-技術企画処、(後援)光州広域市、全羅南道
  • 教育時間:48時間(3時間/日×1日/週×16週)
  • 教育内容:ESS、DC配電、MC分野の専門家・技術者の招聘、エネルギー現場中心教育(実習・見学並行)
雇用コンテスト参加を通じた人材養成
  • 事業名 : GISTと共に行うエネルギー青年ジョブズ(JOBS)養成プロジェクト
  • 事業期間/事業費:’16.1~12 / 14億ウォン(国費11億、市費3億)
  • 事業主管/参加:エネルギーバレー技術院/東岡大学、韓国スマートメディア学会
  • 事業内容:エネルギー新産業教育(150人)、105人分の雇用創出